審査に通る為に知っておきたい異動情報

 

 

カードローンなどで「個人の信用に異動情報がつくとお金が借りられなくなる」というお話をご存知ですか?

 

一生のうちに、結婚・車の購入・住宅購入・教育費用 など、まとまったお金が必要になることが何度かあります。
そこで、多くの方が、用途に合わせて銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りるのですが、
困った事に、その多くの方の中には、カードローンの審査に通らずお金が借りられない方が存在します。困ったら誰でもお金を貸してしてくれるわけではないのです。

 

金融会社はどのようにして「申込者に融資をしてもよい」と判断をしているのでしょうか。
実は、その重要な判断材料の一つが、信用機関に登録されているあなたの「異動情報」なのです。

 

金融会社の審査に通るためにも「信用機関に登録されている異動情報」について知っておくことが大切です。金融会社のカードローンの扱い方も意識が変わるでしょう。

 

 

「信用機関の異動情報とは何?具体的に説明して欲しい!」

 

最初に知って頂きたいのは、金融会社はあなたがどこでどれだけお金を借りたのか、きちんと返済しているのかを、すべて確認できる方法があるということです。

 

どのようにして確認しているのかを説明しましょう。
銀行や消費者金融は、信用機関(JICC/CIC/全銀行個人信用情報センター)の会員に入っています。そこで、あなたがキャッシングやカードローンなどを利用した際の
契約内容や返済実績などを「消費者の信用情報」として登録をしています。

 

そうすることで、信用機関の会員同士で、あなたの契約内容や過去の返済実績の共有をし、複数の金融会社からお金を借りていないか?
過去の返済に問題がないか?などを調べられるようになっています。これらの情報を元に「あなたにお金を融資できるか」審査での判断材料にしています。

 

では「異動情報」とは何なのか?
CICの信用情報の中には「返済実績」という項目があり、過去に返済遅延などの経歴があると「異動」という文字が登録されてしまいます。
この「異動」の文字が、信用情報に記載がある時点で、金融会社は「返済能力が低い」と判断し、高い確率で審査を落としてしまいます。
この異動情報がある方は、お金をきちんと返済しない人(ブラックリスト登録)という烙印をおされるようなものなのです。

 

 

「返済遅延や債務整理は、異動情報にどのような登録をされる?」

 

異動情報が登録される条件は以下の通りです。

 

以下が異動情報の登録条件となります。
・長期にわたる支払いの遅れ(61日以上または3ヶ月以上)
・顧客に代わって保証会社が支払いをした場合
・破産宣告をした場合 

 

上記から返済遅延は、長期間支払いが遅れると異動情報に登録されることになります。
では、お金の返済が困難になり「債務整理」をした場合は、どのように登録されるのでしょうか。

 

CICの信用情報には自己破産以外の債務整理に関して決まった記載方法はなく、返済遅延として異動情報が登録されるようです。
しかし、債務整理をした方の特徴として、長期間延滞の期間が空きその後から正常に支払いを開始されている特徴があることから、
審査の際には、「債務整理をした方かも?」と見られる場合もあるようです。

 

JICCや全銀行個人信用情報センターの信用情報には、債務整理があればきちんと情報が残ります。

 

返済遅延や債務整理の情報は、信用機関によって、5年〜10年ほど残るため、その期間はお金が借りられなくなります。

 

「気をつけよう!異動情報=ブラックリスト登録は審査に落ちる!?」

 

金融会社の審査では、信用情報以外にも、職業や職歴、年収、家族構成など、さまざまな情報から個人の支払い能力を判断しています。

 

一番審査が優しいのは、消費者金融。審査は通りやすい会社は金利が高めに設定されているのが特徴です。
一番審査が厳しいのは、銀行のカードローン。銀行ならではの安心感と、金利の安さ、限度額が高くメリットが多い。

 

お金を借りるためには、これらの金融会社の審査に通らなければいけませんが、ブラックリストになった時点で、審査が優しいといわれる消費者金融であっても、ほぼ審査に通らなくなります。
必要なときにお金が借りられない!という結果に陥らないためにも、日ごろから金融会社の返済期日はきちんと守り、良い関係を築けるようにしていきましょう。