ローンを集束してくれる人気の貸金業者はどこ?

ローンの集束を検討しているあなたは今、何社からいくらの借金をしていますか?

 

ローンを1つにすることであなたの借金苦はかなり軽減することができるでしょう。
しかし、ローンの複合は通常の借入よりも難しいもの。

 

審査に通るポイントや審査に積極的なカードローンについて調べておきましょう。

 

ローンの集束は低金利で行わなければ意味がない

オリックス銀行カードローン

 

 

 

 

金利 最高限度額 人気度
1.7%〜17.8% 800万円

人気No.1といっても過言ではないオリックス銀行カードローン。

 

保証会社を2社保有しているため、1度の申し込みで2社の保証会社からの審査を受けることが可能です。

 

ローンの額に関わらず、複数のローンを一つに束ねるのに積極的に対応してくれます。
審査に積極的ということは、審査通過の間口が広いと捉えることができます。

 

ローンの集束先を探しているならオリックス銀行カードローンに申し込みをすればまず間違いありません。

 

ローンの集束とはなにか?

ローンの集束とは、複数社から借りている借金を1つの借入先にまとめるローンのことを指します。今まで利用したことがないカードローンに借り換えをして借入先をまとめるのも、既に利用している借入先にまとめるのもローンの集束ということになります。

 

ただ、ここまでは知っていても、ローンの集束の多くが返済専用のローンだということを知っている方は多くはありません。もしあなたがローンの集束が返済専用だとご存知なら、ローンの集束について正しい知識を持っているという証拠。

 

ここからは返済専用という意味を紹介していきますのでそのまま下に行き、ローンの集束におすすめのカードローンランキングまで進んでください。

 

さて、ローンの集束が返済専用のローンだといいました。
何で返済専用なのか。
それは、ローンの集束という方法を用いて今借入している借金の返済を全て行ってしまうからです。
ローンの集束に通過した場合、あなたが審査通過したカードローン会社から今借金しているカードローン会社に直接返済が行われます。

 

ローンの集束をした場合のお金の動きは

 

集束先⇒あなた⇒複数社に返済

 

ではなく

 

集束先⇒複数社に返済

 

です。
つまり、あなたは実際に見ることができないお金を借りることになるということです。

 

この形も少し異質なものだと思いますが、ここからが肝心です。
ローンの集束専用のサービスに申し込みをして審査通過した場合、審査通過したローンで追加の借入をすることはできません。
利用目的が「ローンの集束」のローンに申し込みをしたので、集束以外にお金を使うことができないからです。

 

ですが、ローンの集束の存在意義はローンの集束をすることで返済を楽にして借金を少しずつ減らしていくこと。返済専用のローンに設定していることはローンの集束の目的としては一ミリもずれていないといえます。

 

じゃあまた生活費が足りなくなったりしたらどうしたらいいの?
と思うかもしれませんが、その場合には集束先をローンの集束専用ではなく、ローンの集束にも使える銀行カードローンを選択することをおすすめします。

 

限度額が高く金利の低い集束にも使える銀行カードローンなら、集束をしたときにちょっと借りたいと思っても追加で借入が可能な場合もあります。

 

消費者金融で集束をした場合には追加融資は100%見込めませんが、銀行カードローンなら総量規制に関係なく借入ができるので、集束後にもお金を借りることができる可能性があるのです。

 

 

おすすめ業者一覧

数あるカードローンの中からローンの集束に積極的で、返済負担の減少が叶うカードローンを厳選しました。

オリックス銀行カードローン


>公式HPはこちら<
金利 最高限度額 総合評価
1.7%〜17.8% 800万円
最高限度額が800万円と銀行カードローンの中でもトップクラスに高いオリックス銀行カードローン。ローンの集束化に最も積極的な姿勢を見せているカードローンです。金利の面では最高金利が目に付いてしまいがちですが、ローンをひとつに束ねる場合は最低金利をみる必要があります。高額の融資を受けることができればそれだけで負担金利が少なくなるので、最低金利に近い金利での借入が可能です。

>公式HPはこちら<

三井住友銀行カードローン


>公式HPはこちら<
金利 最高限度額 総合評価
4.0%〜14.5% 800万円
集束利用も可能な三井住友銀行カードローン。オリックス銀行カードローンと同様に最高限度額800万円なのでローンの1本化に向いているカードローンだと言えます。しかし、金利の面で見ると最低金利がオリックス銀行カードローンに劣っており、その点でオリックス銀行に遅れを取っています。ローンの集束可能としている三井住友銀行カードローンは、集束にとても積極的とは言わないものの、ローンの集束に対する姿勢とカードローンのスペックで見たときに集束に向いているカードローンの一つだと判断できます。

>公式HPはこちら<

みずほ銀行カードローン



>公式HPはこちら<

金利 最高限度額 総合評価
4.0%〜14.0% 1000万円
最高限度額と金利だけを見たら三井住友銀行カードローンよりも集束に向いているように感じるみずほ銀行カードローン。確かにその2つのスペックだけで見たら三井住友銀行カードローンよりもローンの集束に向いているように感じます。ただ、みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っていないと利用できないというデメリットと、審査の厳しさで言うと銀行カードローンの中でもトップクラスの厳しさがあるため、この位置でのランク付けです。正直なところ、審査にとおって集束が叶うならみずほ銀行カードローンで集束をしたほうがいいのかもしれません。

>公式HPはこちら<

 

現在ではローンの集束に対応している銀行カードローンがふえています。
その中で、返済が楽になる借入先を選ばなければ行けないあなたはとても苦しい状態にあるといえます。

 

ローンの集束に積極的な姿勢を見せているカードローンでも得て不得手が存在するので、

 

100万円を超えるようなローンにはオリックス銀行カードローン
100万円以下のローンには三井住友銀行カードローン

 

を選ぶ事を当サイトはおすすめしています。

 

 

失敗しないローンの集束先の選び方

このページを訪れたあなたは現在借金の苦悩を抱えていると思います。
しかし、ローンの集束をするときには集束先を慎重に選ぶことが必要不可欠です。
焦って冷静な判断がしにくい今の状況だからこそ、一度立ち止まって借入先を慎重に選ぶ必要があります。

 

ローンの集束をするときにもっとも恐れるべきことが1つあります。
それはローンの集束の失敗。

 

ローンの集束を行った後に気付くことが多いローンの集束の失敗ですが、あなたが冷静に集束先を判断して選ぶことでこの失敗の可能性は限りなく0に抑えることができます。
では、ローンの集束が失敗するとどのようなことになるのかをこれから見ていきましょう。

 

ローンの集束の失敗には様々な例がありますがここでは大きな失敗の例を紹介します。
ローンの集束に失敗したAさん。
Aさんの集束をする前の借入は

 

消費者金融2社(Z金融とY金融)から各50万円
銀行カードローン1社(X銀行)から150万円

 

の合計250万円の借入です。
金利の内訳は

 

Z金融⇒年利17.8%(7315円)
Y金融⇒年利18.0%(7397円)
X銀行⇒年利12%(14794円)
※()内の金額は1月30日で計算したときの月々の金利

 

となり、最低返済金額は以下の通りです。

 

Z金融⇒13000円
Y金融⇒15000円
X銀行⇒30000円

 

の合計58000円の返済をおこなっていました。

 

月6万円の返済があることでAさんの家計はいつも火の車。
一刻も早く集束をしようと考えたAさんは、審査回答や得意な属性などの把握を一切せずにローンの集束で有名なW銀行で集束しました。
Aさんが集束したW銀行では250万円の借金を年利13.5%で集束をすることができました。

 

月々の返済金額は45000円まで下がり、とても喜んでいたAさんでしたが、ここで思わぬ落とし穴があったのです。
集束をした後のAさんの返済は
返済期間⇒89回
総返済額⇒3907396円

 

となっています。月々の返済金額が減ったAさんのローンの集束は何故失敗だったのだと思いますか?

 

答えは総返済額と返済期間が増えてしまったことです。
Aさんが集束をせずに同じ返済金額でそのまま返済を続けたら返済期間と返済総額は

 

Z金融⇒59回:740159円
Y金融⇒47回:694026円
X銀行⇒72回:2077072円

 

合計返済額3511257円。

 

各社とも返済金額を変えずに返済を続けていれば返済は1年7ヶ月早まり、総返済金額も396139円も安く返済を行うことができたはずでした。
ローンの集束をしたことで月々の返済額は減りましたが、総返済額と返済期間が増えてしまったのです。

 

消費者金融でローンの集束をする際には、このような失敗はありませんが、銀行カードローンでローンの集束をするときにはこのような失敗が起きる可能性があります。

 

ローンの集束先を選ぶことが大切なのは、こういった失敗であなたが損をしないようにするために必要なのです。

 

ローンの集束に積極的な業者の特徴

最高限度額が高くて金利が低ければどの銀行カードローンで審査を受けても同じじゃないか!
そう思っていませんか?

 

ローンの集束に積極的な銀行カードローンには「ローンの集束が得意です!積極的に審査をしています!」ということが公式HPからにじみ出ています。
そのため、ローンの集束を成功させる為にはそういった銀行カードローンのローンの集束に積極的に対応していますよ!という意思表示を見抜くことが大切です。
ローンの集束に積極的な銀行カードローンの特徴についてまとめました。

 

特徴1:ファーストビューで集束という言葉が見えること

 

公式HPを見に行ったとき、ページが読み込みされて(軽くスクロールするだけで)集束という文字が見える銀行カードローンと見えない銀行カードローンがありますよね。
実はそういったカードローンは基本的にローンの集束に対して積極的な姿勢を持っているカードローンなんです。公式サイトの一番上はカードローン銀行側からしたらそのカードローンでもっとも推したい注目ポイントを紹介するところです。
そのため、そこに集束OK!やローンの集束も可能!というような文言があればその銀行カードローンはローンの集束に積極的に対応しているカードローンです。
どこで集束をするか悩んでいる場合、まずは公式HPを開いて一目でローンの集束が可能ということがわかるカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

特徴2:金利設定が集束向きかどうか

 

例えばこのページでもおすすめしているオリックス銀行カードローン。
オリックス銀行カードローンは金利設定を1.7%〜17.8%としており、目に見えて最高金利が低く最高金利が高いですよね。ということはオリックス銀行カードローンは、金額の大きい貸付を行いたいということが一瞬でわかると思います。でも高額の貸付をしたいと思っても、高額の貸付ってちゃんと返済されるかどうかとういうリスクがとても大きいんです。
そこでオリックス銀行カードローンが顧客にしたいと望んでいるのがローンの集束を考えている顧客。

 

ローンの集束をするにはまず信用が第一であるということはあなたも百も承知の事実なはずです。
ということはいままで返済をきっちり行ってきた真面目な人がローンの集束を申し込むということは信用の高い人に高額貸付ができるチャンスということになるのです。

 

最低金利を低くして最高金利を高くしている場合は高額の貸付がしたい。
集束にも対応しているなら高額の集束を受け入れたい。
高額の集束を受け入れたいから集束の審査を積極的に行う。

 

という流れができることもわかりますね。

 

逆に最高金利が低くて集束をしたいと考えているところでは100万円〜200万円以内の集束を行うのがおすすめです。
集束をしたいけど高額融資に対してあまり得意でないということを金利設定で暴露していることになります。

 

 

ローンの集束を受ける前に知っておきたいローンの集束の情報をお伝えします。
審査がどのように行われるのか。
なぜローンの集束に落ちてしまうのか。

 

あなたのローンの集束を成功させる為の審査情報を確認してみましょう。

 

ローンの集束を受ける前に
ローンの集束を受ける前にまずはローンの集束に対して何を望むのかを確認しておきましょう。
返済先の統一ですか?
返済負担の減少ですか?
前者なら集束先をわざわざ選ぶことはありません。現在借りているカードローンに集束をしたいということを伝えてみてください。一度審査に通っているのでローンの集束の増額審査に有利に働く可能性があります。
しかし、後者ならしっかりと集束先を選ぶ必要があります。

 

ローンの集束は
・借入先を一つにまとめる
・月々の返済金額の減少
・月々の金利負担の減少
・総返済額の減少
のい4つのメリットが達成されて始めて成功したと言えます。
そのためには今ある借金の合計金額と、現在払っている返済額の合計、最終的に返済する額をしっかりと把握しなければなりません。
借入先を一つにするだけならどこのカードローンでもいいわけですから、ローンの集束を成功させる為にはどこがあなたの状況に合った集束ができるのかを見極めましょう。

 

審査ではどんなところを見られるの?
ローンの集束ではあなたの信用情報と属性を通常のカードローンよりも厳しく見られます。

 

異動情報や金融事故。住宅ローンの返済実績やマイカーローンの利用状況なども関係してくるのです。ただ、カードローンでローンの集束を行うわけですから、主に重視されるのはカードローンの利用状況と返済実績。属性が安定して高い水準におり、且つ今までのカードローン利用に問題がなければあまり不安に思うことはありません。

 

ただ、押さえておきたい審査ポイントとして、あなたの借金の額と債務のバランスを整えておくことが上げられます。

 

例えばあなたが年収500万円で、今までの借金が積み重なり複数社合計300万円の借金があるとします。年収の半分以上の額が借金としてあるわけですから、返済には相当苦労しますよね。そこに住宅ローンや家賃負担、車のローンも加わっていたら300万円の集束ができたとしても、返済を確実にこなすことは困難であることがわかると思います。

 

多目的利用可能のフリーローンでの集束は、住宅ローンや車のローンとは違い、家や車の差し押さえで事が済むものではありません。そのため、返済が後回しにされることが多々あります。そうなると、集束の貸付をしたとしても返済がされないリスクを被るわけです。

 

ローンの集束を滞りなく通過する為には、まずはあなたの借金の状況を整えてあげる事が大切です。借入金額の少ないどこか1社からの借入を先に完済してしまうとか、3社中2社だけ集束をして返済負担を減らして余裕のある返済を行うようにするとか。

 

審査はあなたに返済能力があるのかを主軸にして行われるものです。
無理のある借金ではローンの集束に通過することができないことを覚えておきましょう。

 

通過率を考えると消費者金融も1つの手
ローンの集束は銀行カードローンだけでしかできないと思っていませんか?
実はローンの集束は総量規制のせいで高額の借入ができない消費者金融でも行うことができます。

 

というのは、消費者金融の最大のネックである総量規制はローンの集束でお金を借りる人が一方的に有利な借入になる場合には適応されないからです。
これは総量規制の例外にあたる措置で、ローンの集束をすることであなたの返済苦が軽くなるのであれば消費者金融で集束をすることができます。

 

ローンの集束を消費者金融で行うなら選びたいところはアイフルです。

 

アイフル

 

 

>公式HPはこちら<

集束MAX
金利 限度額 使用用途
12.0%〜15.0% 500万円 集束
借り換え専用

消費者金融のアイフルが用意する集束専用のサービスです。
アコムやプロミスでも集束は可能ですが、アイフルでの集束は限度額がアコムやプロミスよりも200万円も高いところが特徴です。また、アコムやプロミスでは集束の申し込みを電話で済ませなければいけませんが、アイフルならwebでの申込が可能。

 

消費者金融で集束をするならアイフルがおすすめです。

 

>公式HPはこちら<

消費者金融での集束で気をつけたいところは金利の減少です。
審査は消費者金融なので銀行カードローンよりは通過しやすいという特徴はありますが、やはり銀行カードローンと比べると金利が高めの設定になっています。

 

そのほかにもアコムやアイフルでもローンの集束の専用商品がありますが、どちらも最大限度額が300万円までなので集束向きとはいえません。
金利設定はアイフルよりも低く設定されていますが、現実味のある集束内容になっているのはアイフルの集束MAXです。

 

ですが、ローンの集束を消費者金融で行うのは当サイトではあまりおすすめできません。
審査通過率が高くてもローンの集束をするならやはりあなたの返済が楽にならなければいけませんからね。

 

消費者金融での集束は、審査通過のみの視点で検討したほうがよさそうです。

 

審査落ちする原因
ローンの集束落ちをしたという話をよく耳にします。ローンの集束は通常のカードローン利用とは異なり、本来ならありえないような額の貸付を行うことになります。その分審査が厳しくなるのも当然のことでづよね。
しかし、複数の金融業者からとはいえ現在同じ額を借りているのに審査に通らないと言うのもおかしな話です。ローンの集束落ちをする場合にはちゃんとした理由があるんです。

 

ローンの集束落ちでよくあるのが返済が行き詰ってギリギリのラインにになるまで集束先を探さないことです。集束は普通の審査よりも通過の間口が少なくなっているので、少しの信用の歪みで落ちてしまう可能性が高まってしまいます。特に2ヶ月以上の延滞をしてしまった方は要注意です。

 

貸付を行う会社は延滞が3ヶ月を超えると個人信用情報機関に異動情報登録できる権利を得ます。そして、延滞が3ヶ月を超えると異動情報通達の義務が生まれるのです。

 

異動情報の着いている方はほぼ確実にローンの集束に通ることはありません。ローンの集束で審査落ちしないためには、あなたのカードローン利用履歴が潔白であることが大切です。

 

また、延滞や事故を起こしていなくても多くのところから借りすぎていることで審査落ちをすることもありえます。(多重債務)
複数社から借金をしているということは、お金の管理ができていないのと同義です。お金の管理ができない人に高額のお金を貸すことはできませんよね。ローンの集束に通りたいなら、借入先は3社以内にとどめるようにしましょう。

 

ローンの集束を考えているなら早めに行動することが大切です。どうにもならないときには既に時遅し。あなたの取れる選択肢は債務整理しか無くなっているかも知れません。早めの決断が後々の生活を助けることになります。

ローンの集束に通るには、あなたの信用情報が鍵を握っています。

 

例えば、あなたの借金額が2社合計で50万円だとします。しかし、この50万円の返済遅れであなたの信用情報に異動情報が記載されていたとしたらあなたの集束は成功しなくなる可能性が高くあります。

 

また、あなたの年収が300万円で3社から合計150万円の借金があったとして、返済遅延等の移動情報が記載されていない場合、先に挙げた異動情報の記載されている50万円の集束よりもローンの集束に通過しやすい場合もあるのです。

 

ローンの集束に通る為には信用情報が第一。高額のお金を貸し付けするということは、債権者側もリスクを負うということです。多少のリスクがあったとしても、「この人に貸付をしても返済してもらえる。」 と思ってもらうことがローンの集束に通るためにもっとも重要なポイントです。

 

また、ローンの集束に落ちない為には他にも細々としたテクニックがあるので、ここからは細かいテクニックも紹介していきます。

 

異動情報をなくす

異動情報(いわゆるブラックの情報)には記載される期限があるってご存知でしたか?
あなたの犯した金融事故の種類によっては、返済をしている最中に消える異動情報も存在しますし、また、やり方によって異動情報をなくすこともできます。

 

ローンの集束を考えるくらい複数社からお金を借りているということは、最後の方に借りた借金は同一期間に複数社の申し込みをしている場合がありますよね。そう、ローンの集束に通る為になくすことができる異動情報は、申し込みブラックのことです。

 

申し込みブラックは申し込みをしてから半年間残る個人の申し込み日などの保管が終われば解消されます。
延滞遅延や債務整理などの異動情報は借金の完済から1年〜10年間消えることがありませんので、ローンの集束をするときにはどうにもできない異動情報です。

 

ローンの集束は通常のカードローン審査よりも厳しいものとなっています。
ブラックの情報が残っている状態だと審査に通る可能性は皆無です。

 

借り換えを使う

ローンの集束と借り換えローンは違うものです。ローンの集束は複数社からの借金を1つの借りれ先にまとめる方法。借り換えローンは今借りている借金を他の借入先に借り換えることを指します。

 

しかし、審査難易度でいうと「ローンの集束>借り換え審査」という形になる為、最初からローンの集束を使用としてもうまくいかないことがあります。
その為、まずは借り換えをしてからローンの集束をするという方法をとることでローンの集束も不安要素を減少させることが可能になることもあります。

 

手順は簡単。
例えば
・A社から金利17%で40万円の借金
・B社から金利13%で60万円の借金
・C社から金利14%で50万円の借金
をしていたとします。
このとき、A社のみが消費者金融での借入となっている為、まずは金利の高いA社の借入を銀行カードローンに借り換えをします。
そうすることでA社での借金の金利を下げて返済負担をなくすことができます。

 

ここからがこの方法の注意点です。
申し込みをしたという信用情報は申し込みをしてから半年間なくなることはありません。そのため、集束をするときには半年間我慢することが大切です。
※待たなくてもローンの集束の申し込みはできますが、半年間待つことで審査通過の難しいローンの集束に安心して申し込みをすることが可能です。

 

半年間待っている間にあなたにしてほしいことは、もっとも借入金額の少ないカードローンの返済に注力して、できれば完済してしまうこと。
完済ができればあなたの借入は2社になり、ローンの集束に通過する可能性がぐんと上がります。仮に完済ができなくても、半年間の間にあなたの借金は減ることになる為、ローンの集束に通過する可能性が上がるというわけです。

 

ローンの集束をするにはあなたの信用情報や借入実績を優位な状態にしておくことが大切です。

 

この方法のポイントは、少ない金額の借入先の借金をどれだけ減らすことができるかという点です。

 

過払い金請求はローンの集束をした後で

過払い金請求って実は債務整理になってしまうことがあるって知っていましたか?
ローンの集束も過払い金請求も多重債務の返済苦を楽にする方法の1つですが、行う順番を間違えてしまうとローンの集束ができなくなってしまう可能性があります。

 

ローンの集束に通過するための過払い金請求の仕方を覚えておきましょう。

 

 

ローンの集束と過払い金請求。
両方を行う場合にはまず、ローンの集束を先にするということを覚えておいてください。

 

理由は至ってシンプル。
過払い金請求で借金が完済できなかった場合、その過払い金請求はブラックリストとして信用情報に記載されてしまうから。

 

過払い金請求が異動情報として100%記載されないケースは、

 

完済した借金に対しての過払い金請求のみです。

 

 

過払い金請求をして残債が残ってしまうと、あなたはブラックリストに載ってしまいローンの集束に通ることが無くなってしまいます。

 

両方を行おうと考えている方は、まずローンの集束から行うようにするのがローンの集束を受けるときのポイントです。

 

過払い金請求とローンの集束の合わせ技が成功したらあなたの借金返済は一気に軽くなるでしょう。

運営者情報